2012-06-29

完成しました!

こんにちは、明日は6月30日。早いもので今年も半分終わってしまいますね。
そして6月30日といえば茅の輪(ちのわ)。茅(かや)で作られた大きな輪です。

今年も無事完成です。

毎年、平日でも150人以上の人が訪れる当神社の茅の輪くぐり。正式には大祓式(おおはらえしき)と呼ばれ、6月と12月の末日に皆様の心身を祓い清める神事です。特に6月には茅の輪が作られ、その輪をくぐることでお祓いをします。

茅(かや)は大変生命力の旺盛な植物で、そのお力で心身を祓い清め、私たちに「気」を与えてくださいます。
よく穢れ(けがれ)をお祓いするといいますが、なんでも「穢れ」とは「気が枯れている」状態を指すのだそうです。元気が無い状態です。お祓いをすることで「気枯れ」が取り除かれ、生命力あふれる元気な状態となり、新しい生活がスタートできるとされています。

ところで、この茅の輪は当神社職員の手作りで、毎年用務員さんと若手職員が頑張って作っています。

写真は土台の芯に茅を縛っている様子です。
DSCN6080.jpg

茅の輪を固定する棒を立てました。

DSCN6092[1]


事故なく無事完成。明日は午後3時より神事がスタートです。明日は休日ですし、どなたでも参加できますのでぜひお越しください。

平成24年も半年が終了です。この節目の日に心身をお清めし、7月からの新たな生活をスタートしてみてはいかがでしょうか。
DSCN6093.jpg

追伸 
そういえば社務所工事の報告、3月末以来書いてませんでした。楽しみにされていた方には失礼いたしました。

実は今日外装が完成し、覆っていたブルーシートが取り外されました。
これから内装がはじりますが、お祭り前には新しい授与所、また新しいお部屋で社務がとれそうです。


DSCN6100.jpg

スポンサーサイト