FC2ブログ

2012-04-09

まだ4月なのに

こんにちは
今日の深川はとても暖かい陽気、桜も見ごろです。

気持ちよく境内を歩いていると社務所裏で何か飛び跳ねるものが・・・・・

なんとバッタです。

え! まだ春なのに、
形はショウリョウバッタのようです。でもショウリョウバッタは「精霊バッタ」と書くように夏のバッタのはず。よく見るとやはり形もちょっと違うなぁ
DSCN5530.jpg


とりあえず、少々昆虫好きでもある私は、ばった君に社務所までご足労いただきました。

早速ネットで検索です。

先ずは「春 バッタ」で検索。

残念、見つかりません。

そういえばこのバッタ、成虫で越冬したのでしょうか、社務所の縁の下で寒さをしのいだのでしょうか?

そこで次に「越冬 バッタ」で検索

出ました、同じ形のばった君の写真が

名前はクビキリギリス君といいます。なんでも噛みつくと離さず、無理に引っ張ると首が抜けるのでついた名前だとか。幸い噛みつかれませんでしたが。


昆虫図鑑というサイトによれば
010926kubikirigisu1[1]
緑色または褐色で、頭頂が著しく尖った大きなキリギリス。口の周囲が赤い。
指に噛みつくと離さず、無理に引っ張ると首が抜けるのでこの名がついたらしい。
平地の草原や水田の土手などで見られる。秋に成虫になって冬を越し、翌年の初夏まで生きる。
(写真は、上が緑色型、下が褐色型)


成虫で越冬するバッタがいるんですね。

最後は一緒にお花見です。桜を味わえるなんてお得なバッタさんですね。

DSCN5519.jpg

スポンサーサイト