FC2ブログ

2011-07-21

ご祈祷控え室が改装されました

神社には毎日さまざまなお問い合わせをいただきますが、最も多いご質問はご祈祷に関するものです。

「赤ちゃんのお宮参りはしていただけるのでしょうか?」
「厄除けのお祓いをしたいのですが・・・・」
「ご祈祷は誰でも申し込めますか?」等々・・・・・

そこで
「ハイ、富岡八幡宮では当日受付で毎日ご奉仕させていただいております。ご都合の良い日にお越しください。もちろんどなたでもお申し込み頂けますよ」

皆様のお願い事、お気持ちを神様にお伝えすることは、私ども神社にとって大切なお勤めの一つです。
毎日毎日、心を込めてご奉仕させていただいております。


さて、そんなご祈祷をお申し込みの皆様にお休みいただく祈祷控え室が、この度新しく生まれ変わりました。

それまでだいぶ年月が経過していた控え室。壁、床、ソファー等には汚れが目立ってきておりました。

控え室は御祈祷を受けられる前に心を整える大切なお部屋。常に清々しい空間でありたい。
そんな想いを込めてのリニューアルです。

工事は先ず壁を綺麗に真っ白にお化粧直し、次にカーペットが敷かれました。カーペットの色は若草色。
クリーム色のソファーと相まって、とっても心が落ち着きます。

DSCN0786.jpg

のどを潤していただくウォーターサーバーには先月もご紹介したアルペンのピュアウォーター。
ミネラルが殆どないとても安心なお水です。もちろんお湯も出ますので、赤ちゃんのミルクもご心配無く。

DSCN0793.jpg


オムツ替えはベビーベッドで

DSCN0777.jpg


さらにこの一室には当神社切っての「お宝」が・・・・・


それは会津産キリの一枚板に描かれた壁画4枚。大きさは縦1メートル40センチ、横2メートルという迫力ある大きさ。
作者は松林桂月、野田九浦、石井伯亭、福田浩湖の各氏。美術には不案内なので、少々調べて見ると戦後の日本画壇を代表する巨匠中の巨匠ばかりなのです。

これらの絵は現社殿が落成した翌年の昭和32年に当時の一流画壇であった9人の先生によって奉納されたもの。8枚のうち4枚が祈祷控え室に飾られています。

これだけ大きなヒノキの1枚板は当時でも二度と出ないだろうといわれた名品。
さすが江戸時代から続く材木の街、深川だからこそ実現したのでしょう。
他では先ず見られない迫力ある一枚板の大壁画をぜひご覧になっていただきたいです。


下は八幡さまのふるさと大分県の宇佐神宮を描いた福田浩湖画伯の「宇佐八幡宮」
DSCN0798.jpg



ご祈祷は、みなさんが神様と間近でお会いできる大切なひととき。
控え室で一呼吸し、清々しいお気持ちでご神前にお進みいただければと思います。
DSCN0804.jpg


では最後にご祈祷に関して簡単にご案内させていただきます。

・ 受付は当日制で毎日朝9時から午後4時30分までお受けいたします。ただし神社の諸行事や結婚式等が入っている場合は終了までお待ちいただくことになりますので、事前にお電話でお問い合わせください。

・ ご祈祷の時間は定めておりません。受付終了後、御神札(おふだ)と神様に申し上げる祝詞の準備が済み次第、始めさせていただきます。

・ ご祈祷はそのときにお申し込みいただいた皆さんとご一緒の御奉仕となります。ただし法人団体様に限り予約制の単独祈祷を承っております。

・ ご祈祷の所要時間は約20分でございます。そこに待ち時間が加わります。

・ 神様にお供えいただくお初穂料は個人様は5千円より、法人団体様は1万円より、法人団体様の予約単独祈祷は3万円より承ります。なお赤ちゃんの初宮詣は1万円よりお納めいただきます。

・家内安全、商売繁昌、厄除け、交通安全、病気平癒等・・・、さまざまな願意を承ります。お気軽にご相談ください。

・ 初宮詣の産着レンタル(予約可)、記念写真(当日受付)も承っております。

・一月中、七五三期間は特別な体制となりますのでご注意ください。


そのほかお気軽にお問い合わせください。皆様の参拝を心よりお待ちしております。

担当 松

スポンサーサイト