2011-06-11

被災神社に向けて・・・下谷神社さんの活動です。

3月の後半、日本赤十字に義援金を持参した話は以前の記事でアップしましたが、配分基準設定の難しさなどもあって、なかなかスムースには行かないようですね。

そのような義援金とは別に神社界では被災神社に向けての義援金などを募っていました。

上野に鎮座する下谷神社さんの活動も以前の記事でアップさせて頂いていますが、下谷神社さんは御社殿などが無くなってしまった東北地方の神社さんのために仮の小社殿を設置する活動を行われていて、当神社も活動支援金などの支出で御手伝いさせていただいております。

その活動の経過報告をいただきましたのでアップします。

1欅造り

まず5月29日に気仙沼の一景嶋神社に「小社殿」を設置していらしたそうです。


2-1神明造り土台付

その後も宮城県の神社と福島県の神社庁から「小社殿」「仮社殿」「仮覆屋」を設置してほしいとの連絡が入り、今後も何回かトラックにて陸送し設置することになったそうです。

被災神社さんではまだ境内に瓦礫が散乱しているため、小社殿の設置が叶わぬ神社もあり、長期間の活動になりそうだとのことです。

下の写真は南相馬市鹿島区の御刀神社に設置する仮社殿と仮覆屋の組み立て作業の様子です。


DSC00154.jpg

DSC00155.jpg

被災神社さんの中にはご家族を一度に何人も亡くされてしまった御家庭もあって、謹んで哀悼の意を表させていただきます。

本日出来上がった仮社殿を東北地方にお運びするそうですが、東北地方の神社さんの一日も早い復旧復興を心より願わずにはいられません。

                                                   担当T

スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : 日記